明晴プレスクールめだかの
”5つ”のサポート
【言語指導】
聞こえにくいお子さんが発話しやすいことばはNMs(非手話標識/眉の動きや目の見開き、うなずき等)や指差しです。こうした小さな発話を見逃がさず、お子さんの気持ちに共感し丁寧に会話を重ねていくことが言語指導の基本です。

【コミュニケーション指導】

聞こえにくいお子さんは「目の子」です。親子のコミュニケーションは「目を合わせる」ことからはじまります。手話を覚える前に、見せて伝える方法を指導します(聞こえにくい子を育てた先輩ママのスタッフも教室にいます)

【個別指導】
子どもの言語発達のためには集団での経験が必要です。個別指導では、主に母語(日本手話)の発達の様子を確認します。

【生活指導】
食事指導、年齢に応じてトイレ指導や、着衣着脱指導などを行います。

【ロールモデル】
隣接する私立ろう学校「明晴学園(幼小中)」の幼児児童生徒と定期的に交流を行います。子どもは年上の子どもと接するころで大きく成長します。保護者の方もお子さんの近い将来を想像することができるため、目標を持って子育てができるようになります。




■利用定員:10名/日
■サービス提供日・時間:月・水・木・金 10:00~15:00
             火 10:00~13:30
 
パンフレット・時間割はこちらからダウンロードできます
めだかパンフレット.pdf
めだか時間割.pdf